FC2ブログ
TopAboutShort-ShortEssay100-TitlesInternetBBSLink│ ┃EXIT
((( オリジナルのベルやかた )))  ~Original Novel Mansion~
 スポンサーサイト--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップに戻る
 コメント
 

 **お久しぶりです^^**

復帰おめでとうございますvvこれで、毎日更新されるものと信じてます。信じてます(声を大にして)
いやー、大事故にならなくてよかったです;しかしまさかちょっとおいしそうなにおいになるとは(笑)

2006/07/07(金) 22:55  By.ラジコ/ [編集]


 

 **No Subject**

 こんばんはラジさん。
 うーん、ラジさんの願いとあっては、断るしかございませんねえ(爆)
 ラジさんもおいしい昆布のおにぎりの匂いがしたら気をつけてくださいねw

2006/07/08(土) 18:11  By.タク/ [編集]


このページのトップに戻る
 コメントの投稿
管理人のみ黙読
このページのトップに戻る
 Essay > [白熱電球恐るべし]2006/07/07(金)
 先日、マイベッドに寝転びながら、高価で手の出せないPDAの代わりとして、携帯のスケジュール機能をうとうとしながらいじくりまわしていました。
 そしてふと気付いたのです。辺りに漂う、甘いような、香ばしいような、なんだかどこか懐かしい、昆布の入ったおにぎりのような香りに。
 そうだ、きっと父親が夜食におにぎりを作っているに違いない、夜遅くまでお仕事ご苦労様、と心の中で呟き、再び画面に視線を落として再び作業に――。

 ……ん? さっき、寝室に向かっていった足音は父親のそれだったはず。父さんではないようだ。はれ、ではまだPC作業中の兄貴であろうか。いや、あの人がおにぎりなんて面倒くさい料理を自ら作るハズはない。はて、誰だろう……。
 そのように悩んで、ようやく気付くのです。芳香の漂ってくる方向がキッチンからではないことに。くんくん、と匂いのもとを探ります。あっちじゃない、……こっち? うーん、そっちか……。時計は1時まわっているというのに、少年がベッドで鼻をくんくん。傍から見たら絶対怪しい。何かの呪いの儀式かこれは。ところで、どうやら、匂いの元は、むしろキッチンとはまるきし逆のほうからくるようです。つまりこのベッドルームで匂いが漂っているのです。
 何なんだろう。この匂い。甘くて、芳醇で、どこか香ばしい……

 ……香ばしい?

 ……香ばしい?

 うとうと、がふっ飛びました。目を皿のようにして右見て左見てもう一度右。……もう一度左――って、あー!?

 ライトスタンドっ!

 立てかけてあったプラスチック製の笠が一箇所、変に歪んでいる!
 慌てて取りました。

 ぐにゃぁ~

 恐怖感さえ覚えるありえない柔らかさ。思わず触ってみると、尋常なく熱い。
 電源をきり、何とか事態の収拾をはかります。
 恐怖心が去り、続いて安心感がやってくると、同時に好奇心が湧いてきました。実況見分です。気分は火災の出火原因を調べる調査官です。


<< 以下、小説風味 >>


 甘く香ばしい、あの『匂い』が、実は『臭い』だったとは。とんでもない誤解をしていたことにようやく気付いた。早く原因を突き止めなくては。私は先ほど取り落とした笠を拾い上げた。やはり丸くぽっかりと穴が開いてしまっている。
 その溶けたプラスチックを見ているうちに、若い研修時代のことが脳裏に浮かんだ。科学の授業で実験をしていたときだ。同期のやんちゃな奴がガスバーナーに誤ってコードを近づけてしまったのだ。あの甘いような臭いは今でも鮮明に思い出される。
 そうか! あの甘さをかもしだしたのは、このプラスチックが溶けるときに発した臭いだ! あの時の臭いの甘さも同じだった! 臭いの原因はこれだろう。
 だが腑に落ちないことがまだひとつある。『あの香ばしさは一体なんなんだ?』
 そこで調査が行き詰まった。困惑して辺りを見回す私。そこでふと、一枚のタオルに気がついた。ライトスタンドの下に落ちている。弾みで落としたのだろうか。さっきは焦っていてまったく気付かなかったそれをまじまじと眺めているうちに、その一部分に目が釘付けになった。
「こ、これは……」
 片面は茶色く焦げ、片面はあの溶けたプラスチックとみられる物体が付着している。片面は焦げ、片面は笠に触れていた……。
 そうだ、これはこの電球とプラスチック製の笠の間に挟まっていたんだ。これが焦げたとき、あの香ばしい臭いをもよおしたに違いない。
 ん? 待てよ、焦げた? プラスチックが溶けるということは相当の高温が発生したはずだ、そしてタオルは焦げているだけ……
 全身の神経に電撃が走ったかのようだった。
 タオルが焦げる程度で済んだのはプラスチックがある程度の熱を吸収したからではないか、そしてプラスチックが溶ける程度で済んだのは電球に直接触れずに、タオルが緩和材としてあいだに入っていたからではないか。

 もし、タオルだけが電球に触れていた場合、熱を吸収するものはなく、発火していたかもしれない。

 もし、プラスチック製笠だけが電球に触れていた場合、熱を緩和するものはなく、不完全燃焼を起こし、有毒ガスを発生させていたかもしれない。

 私は、布団に入っているというのにぶるりと寒気を感じた。



*******************


 ……っとまあ、こんな危機一髪なことを3ヶ月してきました。
 3ヶ月ですって。月日がたつのは早いものですねえ。こんなに大きくなっちゃって、まあー。

 ……。

 ……。

 ……視線が痛いっすね、はい。


 や、いろいろあったんですよ、そのう、あー、キャッシュカード無くしたりとかパソコンの顔文字のデータが吹き飛んだりとか何とか……あー……。





 ご、ごめんなさいっ!
スポンサーサイト
このページのトップに戻る
 コメント
 

 **お久しぶりです^^**

復帰おめでとうございますvvこれで、毎日更新されるものと信じてます。信じてます(声を大にして)
いやー、大事故にならなくてよかったです;しかしまさかちょっとおいしそうなにおいになるとは(笑)

2006/07/07(金) 22:55  By.ラジコ/ [編集]


 

 **No Subject**

 こんばんはラジさん。
 うーん、ラジさんの願いとあっては、断るしかございませんねえ(爆)
 ラジさんもおいしい昆布のおにぎりの匂いがしたら気をつけてくださいねw

2006/07/08(土) 18:11  By.タク/ [編集]


このページのトップに戻る
 コメントの投稿
管理人のみ黙読
このページのトップに戻る

推薦リンク(新窓)文芸Webサーチ真・ショートショートコンテスト超短編小説会駄文同盟.com

Powered By FC2ブログ. Copyright (C)オリジナルのベルやかた ~Original Novel Mansion~ All Rights Reserved.

FC2Ad

  管理ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。