FC2ブログ
TopAboutShort-ShortEssay100-TitlesInternetBBSLink│ ┃EXIT
((( オリジナルのベルやかた )))  ~Original Novel Mansion~
 スポンサーサイト--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップに戻る
 コメント
 

 **許す!許しちゃう!**

あぁ蘇えりしは若き日の思い出、何を隠そうおいらは帰宅部だったのだ(爆
ボクが中学の頃、体は小さくて(今もだけど?笑)そうまさにS(サイズ)だったよ;д;うん、でもね、今思えばあの時が一生に一度のモテ期まっさかりだったんだよなぁそうそうあれはボクが帰ろうとした時の話だ、女の子「おっくん待ってよぉ!一緒に帰ろうよ^^」ボク「あぁん?女と帰るなんてヤナこった!」女の子「そんなこt・・・(脱線中つーか妄想中w)
――1時間後――
ムフッ笑・・コホン!え・・・えーっとどこまで話したっけ?あーそうそう、やっぱボクは断然赤いバラだね♪うんw
あっ長くなったけど、そういうことだからじゃまたねーノシ

2006/03/20(月) 07:06  By.おっくん/ [編集]


 

 **No Subject**

 ……どっから妄想でどっから真実なのか気になります。
 なんだか今まで一度も聞いたことがないよ、モテてただなんて。今度詳しく聞きたいと思います。よろしくぅー!

2006/03/21(火) 20:26  By.タク/ [編集]


このページのトップに戻る
 コメントの投稿
管理人のみ黙読
このページのトップに戻る
 Essay > [失言じゃないのに]2006/03/19(日)
友人「先生はMじゃないよね」
自分「Sなのかな」

 自分で書いててびっくりするこのまぎらわしさ。こっちがドキドキですよ、まったくもう。

 卒業ということで、部活動も引退することになりました。では、お世話になった顧問とコーチにお礼の品を贈ろう、と引退する部員一同で考えて、先日某ラグビー用品店に出向きました。
 顧問の先生には奮発してラグビージャージを、と決定して、品物を物色しました。センスが45度程度ズレている部長を置いといて、適当なデザインの物をみんなで選んだのです。
 では次にサイズを、と先生に合うサイズを考える段階に移ったときですよ。僕は見事に地雷を踏みつけたようです。クリーンヒット、クリティカルヒット。
「先生はM(サイズ)じゃないよね」
 という問いに、何を考えるとでもなく、
「S(サイズ)なのかな」
 と返してしまったのです。

 MediumでなければSmallかLargeであり、この場合はたまたま、偶然、うっかり前者のSmallを選んでしまったばっかりに、大人の、あるいはませたガキの、一見アブノーマルな会話に仕上がってしまいました。
 いや、SだのMだのというアッチ的な思考がなければ普通にスルーされたはずなのです。だのにだのに、中学生には充分その知識が吸収されているからッ!
 それによくよく考えれば、顧問の先生はラグビーの審判であり、顧問であり、若き頃は部員・プレーヤーであったわけで、ラグビーというのは往々にして攻撃的・好戦的なスポーツであり、それを考慮すると、「Mじゃないよね」「Sだろう」、まぞじゃないよねさどだろう、などというやりとり・誤解が余計に理解できるのも仕方がないことなのかもわかりません。
 ですが、ですがね、オレはですよ、そんな深い(いろんな意味で)意味をこめて『エスなのかな』などと言ってません。無意識のうちに、エムかエスか(あるいはエルか)の反応をしてしまっただけですよ。
 それを誤解したのはあんたがただ、オレは悪くない、とせめてここで叫ばないと浮かばれません(世間ではそれを愚痴という)。

 ただ、せめてもの救いは、高校生になろうという多分に男っ気がついてきた部員どもにはSだのMだのは比較的軽いネタであったようで、30秒ほど騒いだ程度で治まったことです。大騒ぎを起こしてさっと通り過ぎる。さながら嵐のようでしたよ、ええ。
 ちなみに、この嵐による一番の被害者はもちろん僕(とちょっぴり先生)ですが、もう一人少なからず被害を被った人が。

「先生はMじゃないよね」
「Sなのかな」
「……S!」
「うわぁ~、お前ー!」
「お前そーゆーことを……」
「たまにそうゆう地雷踏むな、お前」
「ハハハ!」

 ~中略~

部長「……ま、ここにエムは居るけどな。」

 部員の一人を指差す部長。これが嵐が通過するきっかけとなった部長の一言です。騒動はこの一言で終止符が打たれたのです。

 被害者は。
 そうです、彼です。
 たいしてMじゃないのに普段からなぜとなくMと呼ばれてしまっている気の毒な人。彼の名誉の殉職のおかげで私は助かりました。そのおかげで僕は地獄というか、暴風域を抜け出すことができたのです(ただしその『彼』は暴風域をもろに直撃)。

 許してくれッ! ○| ̄|_
スポンサーサイト
このページのトップに戻る
 コメント
 

 **許す!許しちゃう!**

あぁ蘇えりしは若き日の思い出、何を隠そうおいらは帰宅部だったのだ(爆
ボクが中学の頃、体は小さくて(今もだけど?笑)そうまさにS(サイズ)だったよ;д;うん、でもね、今思えばあの時が一生に一度のモテ期まっさかりだったんだよなぁそうそうあれはボクが帰ろうとした時の話だ、女の子「おっくん待ってよぉ!一緒に帰ろうよ^^」ボク「あぁん?女と帰るなんてヤナこった!」女の子「そんなこt・・・(脱線中つーか妄想中w)
――1時間後――
ムフッ笑・・コホン!え・・・えーっとどこまで話したっけ?あーそうそう、やっぱボクは断然赤いバラだね♪うんw
あっ長くなったけど、そういうことだからじゃまたねーノシ

2006/03/20(月) 07:06  By.おっくん/ [編集]


 

 **No Subject**

 ……どっから妄想でどっから真実なのか気になります。
 なんだか今まで一度も聞いたことがないよ、モテてただなんて。今度詳しく聞きたいと思います。よろしくぅー!

2006/03/21(火) 20:26  By.タク/ [編集]


このページのトップに戻る
 コメントの投稿
管理人のみ黙読
このページのトップに戻る

推薦リンク(新窓)文芸Webサーチ真・ショートショートコンテスト超短編小説会駄文同盟.com

Powered By FC2ブログ. Copyright (C)オリジナルのベルやかた ~Original Novel Mansion~ All Rights Reserved.

FC2Ad

  管理ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。